menu

膝のスポーツ外傷

膝のスポーツ外傷

1.前十字靭帯断裂

スポーツ選手に多い外傷の一つです。膝にはいくつかの靭帯がありますが、前十字靭帯は最も重要な役割を果たしており、これが断裂しますと膝が抜けるような感じが出現し、俊敏性を必要とするスポーツはほとんどできません。前十字靭帯が切れたままスポーツを続けると、半月板という膝のクッションが断裂したり、軟骨が傷ついてしまいます。このような重要な靭帯ですが、いったん切れてしまうとギプスなどで固定しても自然に治ることはほとんどありません。このため通常手術が必要になります。

手術は、膝周囲の別の腱の一部を使って新しい前十字靭帯をつくる手術(前十字靭帯再建術)を行いますが、当院では膝蓋骨(いわゆる、おさらの骨)の下の部分の腱(膝蓋腱、しつがいけん)の一部を使って再建します。

2.半月板損傷

膝の関節の間にある、三日月形のクッションです。内部は血管が乏しく、いったん断裂すると自然には治ることが難しい組織です。大きく断裂して、痛みや膝が伸びないなどの症状がある場合は、内視鏡で断裂した部分を切除します。血流が豊富な部分で断裂している場合は縫合できることもあります。

3.膝の軟骨損傷

膝の軟骨もスポーツのけがで損傷することがあります。小さい軟骨損傷であれば、軟骨が剥がれた部分の骨に小さな穴を何か所かあけて、軟骨に似た組織(線維軟骨)を誘導する方法(マイクロフラクチャー法)で対処できます。軟骨の欠損が大きい場合は、従来同じ膝のあまり体重がかからない部分の軟骨を移植していましたが、この方法ですと欠損した範囲に相当する軟骨の欠損が、同じ膝の別の部分にできてしまいます。そこで、同じ膝の軟骨のごく少量を採取して、これを培養して大きくし、これを移植する方法が開発されました。

http://www.jpte.co.jp/business/regenerative/cultured_cartilage.html