menu

腰椎圧迫骨折、胸椎圧迫骨折(偽関節・遅発性麻痺)

転倒などの外傷や骨粗鬆症が原因で、背中の骨が骨折し痛みを呈します。骨折の影響で徐々に猫背のような姿勢になることもあります。

保存治療は内服・コルセット・リハビリを行います。特に、コルセットをしっかり装着してもらいます。手術治療は、骨折している骨にセメントを入れる方法(BKP:Baloon Kypoplasty)、骨折している骨を安定させるため、金属のスクリューを用いて固定する方法があります。