menu

肩関節周囲炎(いわゆる五十肩、凍結肩)

肩関節周囲炎(いわゆる五十肩、凍結肩)

ほぼ全例保存療法で対応します。具体的には内服や外用剤(湿布や塗り薬)、注射、リハビリなどです。極めて稀に保存療法で肩の動きの悪さ(固さ)がどうしても取れない場合は、関節鏡を用いて関節の袋の中で癒着し接着剤でくっついてしまったようになった部分を剝がし、さらに固くなってしまった関節の袋の内壁部分を切開する手術を行います。