menu

末梢神経障害

末梢神経障害

主に正中神経、橈骨神経、尺骨神経の障害を取り扱います。手根管症候群、肘部管症候群、ギオン管症候群、前骨間神経麻痺、後骨間神経麻痺などがあります。

正中神経障害である手根管症候群では、単純レントゲン検査、知覚検査、超音波検査、神経伝導速度などの検査を行ない診断しております。

外科的治療は上肢伝達麻酔で行なう小皮切手根管開放術を基本としております。

肘部管症候群に対しては従来からの神経除圧術、前方移行術を行なっております。