menu

強剛母趾(きょうごうぼし)

強剛母趾(きょうごうぼし)

しばしば外反母趾と間違えられますが、母趾が外を向く程度は強くありません。むしろ母趾の付け根の関節(MTP関節)がはれて、上にそり返す時に痛みがあります。このためつま先立ちが困難になります。MTP関節の軟骨がすり減って関節炎を起こしたり、上に骨の突出(骨棘)が出て痛みが出ます。消炎鎮痛剤や靴の中敷きで治療を行います。改善がない場合は手術を行います。骨棘を、軟骨の摩耗が強い部分も含めて切除(カイレクトミー)を行います。軟骨がほとんどなくなって関節の変形が強い場合は、関節固定術を行います。関節固定を行うと、MTP関節の動きはなくなりますが、すでに手術前から関節はほとんど動かなくなっていますので、不便を感じるようになることは少なく、痛みがほとんどなくなります。